幼稚園の特色

大切にしていること





  自分たちの力を超えた大きなものに守られていることを理解し、感謝の心をもって毎日の生活の中でお祈りをし、また週に一回礼拝堂でお礼拝をします。自分のことだけでなく、他の人のことも思いやることのできる優しい心が育ちます。

  リスマスの聖誕劇や収穫感謝祭、イースターなど、異文化を楽しみながら体験することで、世界的な視野を持つことができるようになります。

  同年齢のお友だちとだけでなく、異年齢間の交流も自由におこなうことができるようにしていますから、兄弟姉妹の少ない現代の子どもたちにとって貴重な交わりの機会となります。

  小学校のとなりの閑静な高台に位置し、緑が豊かです。自然の営みに注意深く目を向け、子ど もたちの発見、喜び、感動を教師が一緒に分ち合うことで、子どもたちの感性「センス・オブ・ワンダー(神秘さや不思議さに目を見張る感性)」を育み、生かされている喜びを受け止めることのできる心のの土壌が培われるようにかかわります。

  毎月お誕生会をおこない、保護者の方をお招きして会食を共にし、お祝いします。

  絵本の読み聞かせを大切にしています。絵本の世界で十分にあそび楽しんだ子は、生涯「本」が好きになります。

  それぞれが神さまから与えられている個性を尊重する意味で、制服はありません。

  入園してから卒園までの成長を記録した一人ひとり違う手作りのアルバムを作成し、卒園の時にお贈りします。生涯の宝物となります。